やっぱり古典柄

昔、お菓子作りが趣味な彼女とケーキ職人の彼が結婚することになって、彼女が「二人でケーキを作るお店をだしましょ~ね♪」と言った一言で、ケーキ職人の彼の逆鱗に触れ、破談になったという実話がありました

まわりの人間にとっては「何で?!」と理解不能でしたが、“職人”の彼にとっては、誇りと自信を持ってしている自分の仕事を「誰でもできる仕事」と軽く見られたような気がしたようです。

まぁこんな難しい男と結婚しなくてなによりだったと思いますが。


職人とは、自ら身につけた熟練した技術によって、手作業で物を作り出すことを職業とする人のこと。


手づくりの籠など、作れる人はいても、それを人様からお金をとれる作品に仕上げるまでには、相当な熟練が必要なのだと思います。

職人さんの作った籠を見て、軽々しく「私もこういう籠を作ってみた~い」なんて言ってはいけなかった

そんなに簡単に作れるものではないのだから



そう思い知らされたコレ↓


「試しにこちらから♪」と買った紙バンドの籠つくりキット。

2015-0725-3.jpg

なんと、まず編む材料から自分で裂いたり切ったりするんですって

冗談じゃありません・・・・・

そんな細かい作業、生春巻きも包めない私には、ハードル高すぎです


なので、一瞬眺めただけで仕舞いこみ、こちら↓から作ってみることに。



この薔薇柄、ふきんに刺したいと思って!


あっという間に刺し終えましたけど・・・。
2015-0725--116.jpg



しかぁ~し・・・・、これ、裏はちゃんとした見られるような柄にはならないんですよ・・・・。

裏から見ても素敵な模様になるふきんばかりを作っている私にとって、表しか通用しないものは、「ただの刺繍」としか思えず。

刺繍なら刺繍でいいんですけど、私の求めるものは、裏も模様になっている物!


その点、刺し子の古典柄は、ちゃんと裏も模様として見られる物がほとんど。

昔から伝わっているものはさすがです


というわけで、昔から伝わる古典柄に戻りま~す。


今私が取り組んでいる「十字花刺し」の図案プリント済みのキットはこちらにありますよ。→ https://shop2.genesis-ec.com/search/item.asp?shopcd=17256&item=sk294

私は、さらしが大量にあるので、自分で描きましたけど。 ↑のお値段なら買っても良かったかも。
2015-0727-10.jpg


【京都・鶏白湯が新登場!】大黒こだわりのご当地ラーメン紀行♪
【食べた後でOK★ダイエットサプリ『ナチュリズム』モニター300名様大募集♪】
【雑誌mina掲載記念】お試しチャチャルジュース【35名募集!】
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

ありゃりゃ。
せっかくの籠しまわれちゃったのか・・。笑
出来上がり写真可愛かったのにな~。
うちの母ちゃん、こういうの作っちゃうから姉さんも行けると思ったんだよな~。プリマクラッセのバッグも見よう見まねで作ってたんだよ。
ま、それはバッタ品になるけどね。笑

バラ柄はサイズを小さくして裏に布を貼ってコースターとかかわいいんじゃない?

ちゃえさん

母さん、すごい器用な方なんだね(*^0^*)
私に籠バッグは100年早かったような気がするぅ~~。
もったいないから、とってもやる気になったら、また出してみるけど・・・。

> バラ柄はサイズを小さくして裏に布を貼ってコースターとかかわいいんじゃない?
これ、コースターサイズだよ。
でもさ、コースターとして使ったら、一回使うたびに洗わなきゃならないし、しみもすぐにつくよね(>_<)

No title

籠バックのキット、作る前からの作業が必要だなんて・・・。
だったら、見栄えさえ気にしなければ、新聞広告で編む籠の方が作業を始めるスタートラインはラク?って思ってしまいますよね?。(^^;
何でも、職人技と言われるものは難しいからこそのお品なのですね!?。(^^v

薔薇柄の刺し子?刺繍。
薔薇柄好きのあられさんでも、やっぱり裏表柄の日本古来の刺し子の本格的な図案とは比較にならないのですね?
日本の手仕事?と言うか?伝統って、本当に素晴らしいですね!
私は自分で作れないので、あられさんの作品に乗っかって楽しませて頂くだけですが・・・。(^^;

まりもさん

あ!チラシで作る籠から始めるべきでしたね(*≧m≦*)
説明書も何枚もあって、チラッと見ただけでこれは自分には無理だと悟りましたよ(ノ∀≦。)ノ

刺し子はやっぱり「古典柄でふきん」が一番かと思います。
失敗しても下手でも、、とりあえず使えますからね(*^m^*) ムフッ

sidetitleプロフィールsidetitle

あられ

Author:あられ
息子を亡くして9年。 ダンナと、二匹の犬(障がいを持つ保護犬)と、楽しいことを探しながら暮らしています。 趣味は刺し子のふきん作り・商品モニター・リサイクルショップでお宝探し・畑しごと。

sidetitle最新記事sidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitleブロとも申請フォームsidetitle

この人とブロともになる

sidetitleメールフォームsidetitle

名前:
メール:
件名:
本文:

sidetitleフリーエリアsidetitle
日々の生活にhappyをプラスする|ハピタス ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
sidetitle検索フォームsidetitle
sidetitleRSSリンクの表示sidetitle