従妹を偲ぶ日

今日はバレンタインデー。

私にとってバレンタインデーは、9年前から「従妹を偲ぶ日」になりました。


9年前のバレンタインデーに45歳の人生を終えた従妹・・・。


早くに結婚し、娘さんも結婚が早くて、なんと45歳でおばあちゃんになった従妹。

娘さんが里帰り出産だったため、具合が悪くても病院に行かず我慢していたようで・・・。

病院に行った時には手遅れの癌だったそうです・・・。



妻であり母であり嫁であり、そしておばあちゃんとして、まだまだ先に続いていくはずだった従妹の人生なのに・・・。

たくさんの人達に必要とされる大事な存在だったのに・・・。


私にとっても、従妹はかけがえのない存在でした。

何が起きても私の味方でいてくれるという「身内の安心感」を感じられる唯一の人でした。



あれから9年も経ってしまったとは。


従妹は私に旦那を紹介した人でもあります。

病院のベッドの上で、息をするのも辛い状態の時に私に言った言葉は「○○ちゃん(私)に、○○さん(旦那)を紹介したこと、良かったのかな・・・?」。

「もちろん! 感謝してるよ!」と答えましたが。


天国に居る従妹が心配しないよう、仲良く過ごさなきゃいけませんね

今日はちゃんと旦那にチョコをあげましたよ。 🐶にエサをやるかのような^^;

「(息子の)お仏壇から貰ってらっしゃい」とセルフサービスでしたけどね~




【テーブルマーク】2016年春の冷凍食品 新商品&リニューアル品お試しランキング
【8周年記念】モニプラファンブログ感謝イベント!100名様にプレゼント♪
エイジングケア『ろーず石鹸』弾力あるリッチな石鹸を5名様に♪
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

あ~、この方のことだったのですね。

すみません、間違えてしまって。

かけがえのない 従妹さんだったんですね、本当に 残念です。

でも 一番残念に 思ってるのは 従妹さん自身でしょうか、若くして おばあちゃんになって お孫さんの成長を見届けるはずだったのに。

旦那様、良かったですね。  チョコを貰えるとは思ってなかったかな・・・?
セルフサービスじゃなければ もっと 良かったでしょうね(笑)。

No title

お若くして逝かれてしまった従妹さん、ご主人様とあられさんの愛のキューピットさんだったんですね。
45歳って、「今から自分の人生を楽しもう!」っていう時期で・・・。
ほんと若過ぎて、ご本人もご家族も皆さん どんなに悔しかった事でしょう。
あられさん、従妹さんの分まで、ご主人様と仲良く💛お幸せにお過ごし下さいね。

チョコレート、セルフサービスでも貰えるだけお幸せ♪
我が家は、全く何にも無しの通常の日曜と変わらない一日でした。(爆)

パラオ母さん

従妹は本当に私にとっては唯一の身内でしたから・・・。

孫が生まれてすぐに亡くなってしまったので、本人も無念だったでしょうね(T_T)


亡くなる直前に「紹介して良かったのかな?」って聞くなんて、余程気にしていたのでしょうね(;´・ω・)

旦那は、チョコは雄大から貰ったっていう気分でしょうね(笑)

まりもさん

今自分がこの歳になると、45歳はとっても若いです!
逝く方も遺された方も、辛いお別れですよね・・・・。

私が従妹よりも長く生きるなんて、夢にも思っていなかったです。
従妹は元気な人でしたので。

バレンタインは、何で日本は「女性から男性へ」 なんでしょうね?
でも最近は自分用のチョコを買う女性が多いそうですね🎶
来年からは、そういう日にしましょう(*^m^*)
sidetitleプロフィールsidetitle

あられ

Author:あられ
息子を亡くして9年。 ダンナと、二匹の犬(障がいを持つ保護犬)と、楽しいことを探しながら暮らしています。 趣味は刺し子のふきん作り・商品モニター・リサイクルショップでお宝探し・畑しごと。

sidetitle最新記事sidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitleブロとも申請フォームsidetitle

この人とブロともになる

sidetitleメールフォームsidetitle

名前:
メール:
件名:
本文:

sidetitleフリーエリアsidetitle
日々の生活にhappyをプラスする|ハピタス ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
sidetitle検索フォームsidetitle
sidetitleRSSリンクの表示sidetitle