亀甲花刺しに挑戦中

最近、刺し子のふきん作りは何日もおさぼりしてしまったりで、なかなか進んでいません

もう随分前から「亀甲花刺し」という柄に挑戦しています。

持っている本には載っていないので、ネットで画像をみながら自分で図を大きく描いてみたりして。



2016-0707-281.jpg


これで👇やっと四分の一くらいまでですよ
2016-0707-285.jpg

今まで私が刺してきたものは、ある程度何目は「チクチク」と運針ができたのですが、今回は一目ずつ針を持ち替えて刺さないと刺せないのです・・・・。

5㎜ → 2㎜ → 1㎜あけて 2㎜ → 5㎜   と刺していくのです。

その2㎜ → 1㎜あけて 2㎜ の部分が、最初の方は面倒だったので針を持ち替えず無理やり運針してしまったりしたので、目が表に出ていなかったり、2㎜が3ミリくらいになってしまったり



そしてこの糸、とっても絡みやすい

刺してる時間より、糸の絡みをほどいてる時間の方が長かったりして


先日買った「花嫁道具の花ふきん」には、図の描き方やら刺し方は載っていません。

でも、もう素晴らしい花ふきんがいっぱい

この本の花ふきんで使われている糸は、絹小町または木綿糸の30番とのこと。

そして、幅×1.1倍でやや縦長に仕立ててあるんですって。

「正方形にはない品格が感じられます」って。

あらぁ・・・・私は、正方形で仕立てていました

「対角線で折った時に裏の模様がのぞくのもおくゆかしいもの」って。

確かに


次回からは、縦長で刺すことにします。

糸も、今は刺子用の糸で刺していますが、「嫁入り道具の花ふきん」に載っている柄に挑戦する時は、絹小町または木綿糸の30番で刺してみたいです

もう頭の中は「次は何を刺そう?」になっていますが、亀甲花刺しをなんとか最後まで刺し終えようと思います。

刺し方がよくわかっていないので、この先ちゃんと刺し終えるかどうかは自信がありませんけど
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

またまた細やかで、根気の要る手作業ですね!(@_@)
これだけの手間が掛かるのですから、出来上がりが今まで以上に楽しみです!!(^^v

まりもさん

写真の本に書いてありましたが、二時間ほど刺したらひと晩布を休ませるんですって。
刺し子は座り続けてしまって運動不足になってしまうので、二時間を限度にすることにします(^-^)

No title

想像しただけで、頭がくらくらするぅ・・
尊敬しちゃう。

花嫁道具の花ふきんも楽しみ。(#^.^#)

トーガさん

人間何かひとつくらいは取柄があるようで(^-^)
私、こういう単純作業は黙々とできます(≧▽≦)/
でも、この模様、一列刺すのにわき目もふらずで20分かかるんですよ(>_<)

この本に載ってるものはすごいものばかりですよ!!
刺し方の載ってる本はまた別にあるようなので、昨日ポチりました。
sidetitleプロフィールsidetitle

あられ

Author:あられ
旦那と、障がいを持つ二匹の犬と、楽しいことを探しながら暮らしています。 趣味は刺し子のふきん作り・商品モニター・リサイクルショップでお宝探し・畑しごと。

sidetitle最新記事sidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitleブロとも申請フォームsidetitle

この人とブロともになる

sidetitleメールフォームsidetitle

名前:
メール:
件名:
本文:

sidetitleフリーエリアsidetitle
日々の生活にhappyをプラスする|ハピタス ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
sidetitle検索フォームsidetitle
sidetitleRSSリンクの表示sidetitle