やり直しがきかないこと

今日は朝からとんでもないニュースが飛び込んできて、やるせない気持ちでいっぱいです・・・。

障がい者福祉施設で、元職員がたくさんの人を・・・・・。

障がいを持っている人のことを憎んでいたとか。


また、この事件に関しての世間の反応・・・。

一部かもしれませんけれど、犯人を擁護するような意見も。

「世間の本音はそうなのか?!」と愕然としました。




私は重度の障がいを抱えていた息子を14年介護していましたが、息子に限らず言葉の喋れないような重度の障がいをもった人って、とんでもなく神々しいのですよ。

魂のレベルが違うと思うのです。

(※ 私は、何か特別な宗教を信じているわけではありません)


「言葉が話せないから」「体が自由に動かせないから」普通の人より劣っていると思う、健常者の愚かさ・傲慢さ。

重度の障がいを持った人達は、比べ物にならないくらい魂が大人なのですよ。


生前、息子のことを化け物を見るような目で見てきた人達。

私は「息子に謝れ!」と毎度頭に血をのぼらせていましたが、息子はそんなことなど気にもせず。

これを「知的障がいがあるから、何をしてもわからない」と思うのは大間違い。

大間違いだと確信できるのは、毎日息子と一緒に過ごしてきたからわかること。


そもそも、何を基準に、「障がい」と決めるのでしょうか?
喋れるその口で、動くその体で、人を傷つけることが多い健常者と呼ばれている人達。

重い障がいを持った人達は、少なくとも決してそんな形で人を傷つけたりはしません。



犯人は3年も障がいのある人達と接してきて、一番大事なそのような事がわからなかったことは、魂のレベルが違いすぎたのでしょうか・・・・。


人間、どんなことでもやり直しがきく と言いますけど、この犯人にはそれはありませんね・・・・。



スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

「人として、何が一番大切なのか?」を 本当に知り、身を持って実践し、周りの人達を優しく幸せな気持ちにしてくれるのは、穢れない心綺麗な人たちだけですよね・・・。

多くの被害に遭われた方々のご冥福と一日も早いご回復をお祈り致します。

まりもさん

障がいを持って生まれてくる子どもは、どんな時代でも必ず居るんですよね。
自分は障がいを持っていなくても、もしかしたら持って生まれてきていたかもしれないということをわかっていない人が多すぎて驚きです。

犯人に賛同する人間がいたりで、「おまえらはヒットラーか?!」と恐ろしくなりました(>_<)

sidetitleプロフィールsidetitle

あられ

Author:あられ
ダンナと、二匹の犬(障がいを持つ保護犬)と、楽しいことを探しながら暮らしています。 趣味は刺し子のふきん作り・商品モニター・リサイクルショップでお宝探し・畑しごと。

sidetitle最新記事sidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitleブロとも申請フォームsidetitle

この人とブロともになる

sidetitleメールフォームsidetitle

名前:
メール:
件名:
本文:

sidetitleフリーエリアsidetitle
日々の生活にhappyをプラスする|ハピタス ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
sidetitle検索フォームsidetitle
sidetitleRSSリンクの表示sidetitle