静岡本場深蒸し茶『茜富士』

私は元々日本茶が好きですが、最近は「とっても美味しい日本茶」と美味しいお菓子の組み合わせを楽しんでおります

とっても美味しい日本茶とは、ハラダ製茶さん静岡・牧之原産 深蒸し茶 茜富士
2017-0129-4877.jpg

日本一のお茶処、静岡県牧之原のワンランク上のお茶、それが茜富士(あかねふじ)

2017-0129-4891_201702101638288fb.jpg


その年の最初に生育した新芽を摘み採ってつくった一番摘みのお茶

一番茶は、冬の間に蓄えられた旨みがたっぷり詰まっていて、二番茶や三番茶に比べ、苦み成分のカフェインや渋味成分のカテキンが少なく、うまみ成分であるアミノ酸が多いんですって。

通常の二倍以上の時間をかける深蒸し製法なので、茶葉が程よく砕け、味もまろやかでコクも増し、茶葉に含まれる栄養素も出やすくなります。



今回、今までのいい加減なお茶の淹れ方を見直し、ちゃんとしたやり方でお茶を淹れるようにしました。


まずは水をやかんに入れ沸騰させます。

茶葉を急須に入れます。

複数人の場合は、一人当たりティースプーン1杯が目安。 一人の場合はやや多めの4g。

お湯を人数分の湯呑に8分目まで注いだら、湯冷まし

一回の湯冷ましで、温度は5~10℃。下がります。

お湯を適度に冷ますことだけではなく、お湯の計量をしながらお茶碗を温めることができます。

湯冷ましした茶碗に注いであるお湯を急須に移します。

茜富士の適温は75℃が適温。


お湯を急須に入れたら30秒ほど待ちます。

時間が経ったら、急須を回したり揺らしたりせず、静かに注ぎます。

茶碗に注ぐ時は、まわし注ぎ。(1→2→3の順に注いだら、今度は3→3→1の順に注ぐ。それを繰り返す。

最後の一滴まで注ぎきります。

最後の一滴は「ゴールデンドロップ」と呼ばれ、お茶の旨み成分がたくさん詰まっています。

2煎目は、最初より高めの温度で淹れて、抽出時間を半分に。

1煎目を淹れた後、急須の蓋をずらしておくことで、葉が蒸れるのを防ぐことができ、2煎目以降も美味しく頂けます。


2017-0129-4896_20170210163830f7a.jpg 


お気に入りのコロンとした急須で💖

どうでしょう、この美味しそうなお茶の色は
味も香りも申し分のないお茶なのです
2017-0129-4903_201702101638316b8.jpg 




茜富士を楽しむために、お菓子をお取り寄せしました


お菓子は、桃花亭の桃福

この急須はいつものホタル彫りの急須。 コロンとしたお気に入りの急須より、こちらの方が使いやすい^^;

2017-0130-4923.jpg 

 
太宰府の 梅ヶ枝餅
2017-0130-4960.jpg


埼玉の 五家宝
 2017-0204-5110.jpg 



茜富士が美味しくて美味しくて、お菓子も美味しくて美味しくて

茜富士は本当に美味しくて、何杯も頂いてしまいます


今まで、日中はコーヒーを飲むことが多かったのですが、今はもっぱら茜富士💕


お値段ちょっとお高めですけど、間違いなく美味しいお茶なので、贈答用としても最適です♡


ハラダ製茶【源宗園】静岡の本場深蒸し茶【茜富士】お試しキャンペーン


ハラダ製茶さん、日本茶だけではなく、コーヒも扱ってらっしゃる(@_@)


ハラダ製茶 静岡のお茶屋 【源宗園】本店ネットショップ


ハラダ製茶ファンサイトファンサイト参加中
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

sidetitleプロフィールsidetitle

あられ

Author:あられ
息子を亡くして9年。 ダンナと、二匹の犬(障がいを持つ保護犬)と、楽しいことを探しながら暮らしています。 趣味は刺し子のふきん作り・商品モニター・リサイクルショップでお宝探し・畑しごと。

sidetitle最新記事sidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitleブロとも申請フォームsidetitle

この人とブロともになる

sidetitleメールフォームsidetitle

名前:
メール:
件名:
本文:

sidetitleフリーエリアsidetitle
日々の生活にhappyをプラスする|ハピタス ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
sidetitle検索フォームsidetitle
sidetitleRSSリンクの表示sidetitle