辛い時でも楽しいことを探す

毎日畑に通ううちに、顔見知りも増え、畑に出かけるたびにどなたかとお話しができるようになりました。


何人かとお話しするうちに「実は・・・」と深いお話も。


今日は、去年息子さんを亡くされた方から「どうやって立ち直れましたか?」と声をかけられました。

他の人から「あの方(私のこと)も、息子さんを亡くされたのよ」と聞いて驚かれたようです。

犬を連れて毎日楽し気に畑に通う姿からは、私が乗り超えてきたものは何も感じられないのでしょう^^;

そう見えたことがとっても嬉しかったです(*^0^*)



子どもを亡くすと言っても、その人によって想いも違いますので、立ち直り方も「これをしたら楽になれる」というものも無いかもしれませんが、いつかどなたかの役に立つかもしれないので、書いておきますね。


私の場合、息子が全介助の重い障がいを持っていた子だったので、自分ひとりで自由気ままに過ごせる時間というものに飢えていました。 

息子を亡くし、現実がよくわかっていない頃は、ただただ自由な時間が新鮮で、結構活発にあちこち出歩いていました。

その後、息子の居ない現実に気づき始め、呼吸が苦しくなり「吸って吐いて」と意識しないと、ものすごく浅い呼吸になってしまうという状態が何年も続きました。

食べ物の味もわからなくなりました。


人の言葉に傷つき、人と関わることがとっても嫌になりました。

人と関わらないことは「良くないこと」と思われるでしょうけど、人と関わらなければ人と比べる必要が無いので、私の場合はかなり楽になりました。


人って、人と比べることを止めたら、大抵の事は楽になるような気がします。


これは私の場合は、生後10か月に息子が障がいを持った時点で「人と比べない」という価値観を得られたので、亡くなった後の自分の境遇も諦めが早めについたのかも。


具体的に何をしていたのかというと、犬のお世話・お花を育てる・通信教育で学ぶ・ネットでドラマや映画を観る・本を読む・ボランティア活動に参加する・働く。

が、「ボランティア活動に参加」と「働く」は、人に傷つき散々な思いをしました。


今の私、「老後の蓄えはどうするんだ?!」ですけど、体壊すほどのストレスを感じてまで働く必要は無いので、犬とダンナのお世話だけをする生活。(たまにお小遣い稼ぎとも言えないようなバイトをしたり)


今の私の生活は、本当に平凡で質素で、決して人に羨ましがられるような暮らしではありませんが、毎日「ありがたいなぁ」と思って暮らしています。


「辛い時でも、一生懸命楽しいことを探す」。

やっぱりこれが大事かも。

すぐには見つからないだろうし、楽しむ気分でもないでしょうけど、それでも楽しいと思えそうなことを貪欲に探す。

そのうちになんとかなるものです。

息子を亡くして9年経った私。  なんとかなっていますから。

今とっても辛い貴方、大丈夫大丈夫。  


スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

月日が 経てば いやでも 立ち直ってきますよね。

私は あの時 早く 年を取りたいと思いました。
50年くらい 立てば 悲しみは なくなり 思い出すのも 苦ではなくなると 思ったからです。

望み通り 50年近く経ちました。
 
忘れることはないけど 気持ちは 軽くなりました。

残念なのは あられさんみたいに 思い出が たくさん ないことです。

思い出そうと思っても 勝手にチョコをつかんで なめ のまわりが 
 チョコだらけになった姿とか お祖父ちゃんの 車の ギヤーを
つかんで 喜んでたこと そんなことしか 思い出にありません。

亡くしたことで それ以上 辛いことも 悲しい事も 考えられないので
自分自身が 強くなったのは 事実です。

パラオ母さん

子どもを亡くすということは、どういう理由でそうなったにせよ、親は悲しみのどん底を味わいますよね・・・。

想い出がたくさん無いのも切ないですね。
でも大人になってから亡くなった場合は、想い出が多すぎて辛いって聞きますし・・・・。

交通事故などであっという間に亡くなった場合も辛いでしょうけど、病気で長い間苦しむ様子をみなければならない場合も辛いですよね。

どうであれ、子どもが親より先に死ぬことは辛いことですね。


子どもを亡くしたことをあまり言ってると、「私は子どもが欲しかったのにできなかったのだから、子どもをもてただけでも幸せじゃありませんか?」って仰る方もおられますし。言葉にするのは難しいです。

パラオ母さんも私も、子どもを亡くすというしたくない経験をしましたけど、それでも「生まれてきてありがとう!」ですよね。
sidetitleプロフィールsidetitle

あられ

Author:あられ
ダンナと、二匹の犬(障がいを持つ保護犬)と、楽しいことを探しながら暮らしています。 趣味は刺し子のふきん作り・商品モニター・リサイクルショップでお宝探し・畑しごと。

sidetitle最新記事sidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitleブロとも申請フォームsidetitle

この人とブロともになる

sidetitleメールフォームsidetitle

名前:
メール:
件名:
本文:

sidetitleフリーエリアsidetitle
日々の生活にhappyをプラスする|ハピタス ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
sidetitle検索フォームsidetitle
sidetitleRSSリンクの表示sidetitle