湯帷子(ゆかたびら)を首に巻く

梅雨だというのに、雨が降りませんねぇ。

そのせいで、畑への水運びが大変です・・・・。

今年の夏は特に暑くなるようですし。

どどどうしましょ(>_<)



畑しごとと言っても、私は水やりと土づくりだけなんですけど、足元が不安定なので気を付けて歩かなきゃならず、そのせいかものすごく疲れます。

そして大量の汗!


首にタオルを巻いていますけど、タオルって巻くだけで暑い。

やっぱり手ぬぐいが一番



そこで、先日リサイクルショップで見つけて買ってきた仕立てる前の新品の魔除けの柄(麻の葉の模様は、麻の葉に似ていることからその名がつけられ、邪気を祓う力があるとされ、魔除けの文様と言われる)を切って、手ぬぐいとして使うことにしました。

手ぬぐいは、端を縫わないから切るだけ~♪
DSC07435.jpg

手ぬぐいが13本出来ました。


首の汗とりのために巻くと、麻の葉の模様とはわからないんですけどね。
かえって違和感なく巻けそう。
DSC07436.jpg



反物の芯に、このような紙が。

時代を感じる文章でした。
DSC07442.jpg


そもそも、「湯帷子って何?!」

「湯がつくって・・・・湯灌の時に着せる着物?!(+_+) 」 なんて思ってしまいましたが^^;、早く言えば浴衣のことなんですね。

「高級糸(コーマ糸)を使用いたして居りますので、洗濯機のご使用は、おさけ戴いた方がよろしいかと存じます」ですって。

いえいえ、我が家はそうは参りませぬ。

いちいち手洗いなどしてはおられませぬ。

これって、洗濯機というものが出回ってすぐの頃の話では?

随分長い間、押入れの奥にしまわれていたのでしょうね。

日の目を見た魔除けの柄の湯帷子。

この夏愛用決定。 多分畑以外にも首に巻くと思います^^;
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

sidetitleプロフィールsidetitle

あられ

Author:あられ
息子を亡くして9年。 ダンナと、二匹の犬(障がいを持つ保護犬)と、楽しいことを探しながら暮らしています。 趣味は刺し子のふきん作り・商品モニター・リサイクルショップでお宝探し・畑しごと。

sidetitle最新記事sidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitleブロとも申請フォームsidetitle

この人とブロともになる

sidetitleメールフォームsidetitle

名前:
メール:
件名:
本文:

sidetitleフリーエリアsidetitle
日々の生活にhappyをプラスする|ハピタス ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
sidetitle検索フォームsidetitle
sidetitleRSSリンクの表示sidetitle